好きなことを好きなだけ話したい

【ラグナロクオリジン】賢者の回想録・第8章:混沌の足枷

アップデートと同時にやってきた賢者の回想録新章
いよいよギミックもセットプレイや連続の攻撃が入ってくきます。

モロクの幼体

いや確かに貴方最終的に魔神に至るんだけど、幼体ってなんだ幼体って……
しかし幼体といえど相手は魔王モロク、油断してはいけません。

怒りの一撃

ヘイト1位への火属性強打攻撃です。
賢者の回想録では非常に攻撃力が高く、そこそこのタンクであっても間にヒールをもらわないと簡単に床を舐めてしまいます。

強風が吹く

前方広角の扇範囲型火属性攻撃です。
基本的にタンクと同じ位置に立たなければ当たりませんが、最初のヘイトが安定しないうちは油断禁物です。

フラッシュチャージアタック

ダメージを頭割りする火属性魔法攻撃です。
撃った後は少しだけ硬直しますが、直後に狂怒咆哮が待っているためしっかり回復しましょう。

狂怒咆哮

フラッシュチャージアタックの後、全員に円形AOEを付ける攻撃です。
そのため、頭割りのダメージを回復してーとなると大変です。

召喚の儀式

HPが60%くらいになると使用してきます。モロク自身はバリアを張り、魔王の影を延々と召喚してきます。
一定時間経過するとロキからエネルギーをチャージしたというメッセージが出るのでそれを調べると専用スキル破魔の一撃が使えるようになります。
このスキルをモロクに当てることでバリアと召喚ギミックが解除されます。

ヘルヘイムハードでは魔王の影の耐久力が非常に上昇しているため、タンクは長時間攻撃に曝されます。
要するに、セイフティウォールで耐えられないし盾持ったほうがヒーラーの負担が減ります。

炎のオーバーフロー

物魔複合の火属性全体攻撃……らしいです。
他のギミックがあまりにも苛烈であるため認識されにくいです。

炎の噴火

戦闘フィールド全域に隕石を落とす火属性魔法攻撃です。
こちらもダメージそれ自体は大きくありませんが、総合的に勘案するとやはり踏まないほうがいいでしょう。

炎のプリズン

遠距離・中距離・至近距離の3距離の撃ち分けをする範囲攻撃です。
賢者の回想録では遠くから近くへとパターンが固定化されていますが、ヘルヘイムハードではランダムに変化します。
一回だけなら受けても即死はしませんが、全部避けるなら中距離に陣取るのが良いでしょう。

滅世魔爆

炎のプリズンを撃った後、しばらくしてから発動します。
ロキが自身を中心にシールドを展開するので中に入りましょう。でないと即死ダメージが何発も飛んできます。
3回目はロキがシールドを展開できず、時間切れとなるため急いでHPを20%まで削りましょう。

魔王モロク

通常攻撃

攻略メモでは開示されていませんが、追跡型範囲攻撃です。
この攻撃は隕石を誘爆させることができるので、正攻法の攻略を望むならしっかりと誘導しましょう。
また、繰り返し言いますが範囲攻撃ですし通常攻撃です。無視できない確率でクリティカル判定も発生します。
そのため一番ダメージを稼いでいる人は他の人を巻き込まないようある程度距離を取りましょう。ソーシャルディスタンスですね。

デーモンスラム

「我が怒り~」というセリフと同時に火属性全体魔法攻撃を使用してきます。
全体攻撃の後には隕石が落ちてくるので回避しましょう。

隕石について

デーモンスラム使用時、大きな隕石と小さな隕石がそれぞれ落下してきます。
使用回数が増えるごとに大きな隕石の落下数が増えてくるため処理には気をつけましょう。

魔王モロクの攻撃を隕石へ巻き込むように当てたとき、小さな隕石を起爆したときは近くの人にしか影響を与えませんが、大きな隕石の場合は味方全体に被害が及びます。
特に大きな隕石が爆発したときのダメージは非常に大きいため味方の回復状況も鑑みて急がず焦らず処理していきましょう。

魔神・ヘビーハンマー

「~耐えきれるかな?」というセリフとともに使用してきます。
頭割り攻撃から、受けた人を対象に追跡型円範囲攻撃を行うため散開しましょう。
頭割り、範囲攻撃のどちらでも隕石の近くにいることで起爆できますが、大きな隕石を爆破するとダメージ量が大変なことになるため壊すなら小さいほうに留めておきましょう。

魔神・影

大型の魔王の影?を2体召喚してきます。
火属性範囲魔法を使用してくるが、時間経過とともに攻撃範囲が広がるため優先して対処しましょう。

魔神・魔眼

任意のパーティーメンバー1人をロックオンし、円形範囲の火属性魔法攻撃を連続で発生させます。
狙われたらゆっくり動いて回避していきましょう。

魔神・滅世魔爆

まともに受けると即死する極大ダメージを持つ火属性魔法攻撃を全体に放ってきます。
大型の隕石の後ろに隠れることでやりすごすことが可能ですが、フィールド上の隕石を全て誘爆させます。

正攻法で処理する場合

モロクの攻撃により爆破処理を進めていきます。
残すべき隕石を1つだけ決めるという、通常のプレイでは何らかの形で意思決定を共有するかタンクが爆破していくことになります。

バジリカで回避する

ハイプリースト側の力量によりますが、バジリカで回避することも可能です。
この場合は滅世魔爆のあとの隕石の誘爆ダメージを回避することが優先事項となります。
オシリスのメテオアサルトとは違い次のタイミングまでにはクールタイムが明けているのでプリーストが1人でも対応可能です。

魔神・戒め

「裁きを~」というセリフとともに使用してきます。
南北・東西とそれぞれ連続同時で火属性魔法の範囲攻撃を撃ってきます。爆発エフェクトを確認してから回避行動に移りましょう。

魔神・怒り

「~破滅するがいい」というセリフとともに使用してきます。
南方向を基準に逆時計回りで大型の円範囲による火属性魔法攻撃を仕掛けてきます。
速度も非常に早く、速度上昇状態で追いかけることでようやく回避しきれる速さですので、ここは回避に専念しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。